Orange Days

家族6人の小さな幸せ日記帳
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DCおまけ

ホテルの朝。日曜日は、来る時に大道で買ったパンを食べました。
photo_convert_20110415031247.jpg
コウはメロンパン。

ホテルに泊まれるとお喜びのコウちゃん。
大きなベッドでゴロゴロ出来るのが幸せなんでしょうね。
IMG_0200_convert_20110415031355.jpg

今回はマリオットに泊まりました。
車の事故の件も含めて、スタッフの方々も親切で快適でした。

スポンサーサイト

春のDC巡り

月曜日のDCは夏日でした。最高気温が88°Fくらいはありました。(27℃くらい)
事前の天気予報で暑くなるのが分かっていたので、夏服を持って行きました。

今回の旅はパピーの仕事の用事のついでだったので、月曜の午前中はちょっとパピーに付き合ってから、午後からはDC市内を観光しました。実は、土曜の夜にホテルのパーキングで車が当て逃げされていたのですが・・なんと月曜日にホテルを出る時に車のワイパーにレターが挟まっており、偶然に居合わせた目撃者の方が加害者と話をしてくれていて、丁寧に相手のナンバーと車種などを控えて、その時の状況を詳しく説明して書いてくれていました。
当の加害者は、自ら名乗り出てレターを渡すと言っていたそうなのですが、実際は何もありませんでした。
なので、その目撃者の方のレターのお陰で、ホテルのマネージャーに警察を呼んでもらって無事に加害者を見つけて保険が降りて修理してもらう事になりました。もしも本当にただの当て逃げで誰も見ていなかったらそのままどうしようも無かったのに・・・そのお陰で前日パピーは憂鬱でしたが、不幸中の幸い!たまたま良い人が居てレターを置いて行ってくれた事に驚きながらも本当に助かりました。

そんなこんなありで、ドタバタ珍道中でしたがホテルからメトロに乗ってDCに向かいました。
NYCの地下鉄と違ってとてもキレイ。どこか実家の近くの駅に雰囲気が似てるなーと思いました。
DSCN9558_convert_20110414092751.jpg
メトロに乗って降り立ったのはここ。
DSCN9495_convert_20110414000110.jpg
以前来たときはコウが8ヶ月の頃で、私も国会議事堂とモニュメントしか見れなかったので今回はリンカーン像とホワイトハウスを見るのが目的でした。
DSCN9497_convert_20110414000557.jpg
後ろを向くとそびえ立つ国会議事堂。
暑かったけど頑張って歩きました。歩きながら色んな角度から撮ったモニュメント。
DSCN9502_convert_20110414000932.jpgDSCN9503_convert_20110414002719.jpg

第二次世界大戦、勝利の記念碑
DSCN9506_convert_20110414085910.jpg
敗戦国があれば、勝利国があるのですね。
DSCN9509_convert_20110414090050.jpgDSCN9511_convert_20110414093054.jpg
モニュメント~リンカーン銅像までは結構な距離があります。が、歩く他に方法も無いので歩きました。ようやく辿り着いて、記念撮影。
DSCN9525_convert_20110414100637.jpg
これ、彼のこの旅の定番ポーズ↓でした。
DSCN9520_convert_20110414093520.jpgDSCN9532_convert_20110414093712.jpg
リンカーンから眺めたモニュメント。
只今、工事中でしたが本当はこの正面の通りは水が入ってます。
DSCN9534_convert_20110414093921.jpg
さて、リンカーンから次はホワイトハウスまでメトロで移動する予定でしたが、メトロまでもかなりの距離があり寝起きの翔ちゃまは「だっこーだっこー」と聞かないし、歩くのはちと厳しかったのでタクシーに乗りました。

タクシーに乗ってホワイトハウスまで~と告げた後、パピーは「今日は暑いね~」から始まり聞かれてもいない事をベラベラとタクシーのおじちゃんと話をしながらホワイトハウスまで。降りる時チップを払おうとしたらおじちゃんは、いらねーよ!と一言。なんて良いヤツ!!話しかけられない限り絶対にタクシーで話なんかしない私とは正反対の性格のパピーですが、彼のそういう所はある意味尊敬。。。夫婦、お互いに無いものを持ってるのは良いもんだと思う今日このごろ。

ホワイトハウスのベストスポットに降ろしてもらいました。
DSCN9543_convert_20110414094703.jpg
ホワイトハウスから正面に見える像
DSCN9547_convert_20110414094820.jpg
マイペースに休憩。
DSCN9539_convert_20110414094154.jpg
と思ったら・・・
DSCN9542_convert_20110414094448.jpg
オ、オイッ!!すみません、、記念に家まで持って帰りました。。。
DCの桜はすっかり終わってました。が、季節はもう春!!
そこら中に花が咲き乱れて綺麗でした。
DSCN9549_convert_20110414095056.jpg

帰りは、DC~メリーランド~ペンシルベニアを運転したパピーは11時には機能停止。後半、私がニュージャージー~ニューヨーク~コネチカットの最もハードな道のりを(しかも工事渋滞も含み)運転して家に着いたのは2時過ぎでした。嵐の応援歌のお陰で頑張れました。子供たちは家に着いたら起きだして、元気にお風呂に入ってまた寝ました。疲れた・・・

National Zoo (Washington DC)

土曜日~月曜までヴァージニア、DCの旅へ行って来ました。

土曜日はパピーの仕事が終わってから車でヴァージニア州へ出発!
途中で大道に寄ったりしてなんだかんだでホテルに着いたのは夜10時頃でしたが、夕食はその昔(10年前?)実はパピーが秘かに働いた事がある日本食レストランへ行きました。かつて英語が出来なかった彼がどんな風に仕事をしてたのか聞いただけで爆笑でした・・・が、レストランはすごい繁盛してたし、コネチの日本食レストランの味レベルより私的には美味しかったです!

翌日は、DCのNational Zooへ行きました。DCは、美術館や博物館の宝庫ですが息子達を連れては行きたく無いし、私もパンダが見たかったので.。行きの車のなかで20回以上は「どこ行くの?」と聞いて来たコウちゃん。彼も動物園に行くのを相当楽しみにしていました。

ここのZoo、なんと無料です。パーキング代は掛かりますがそれでもコレだけの規模で無料と言うので驚きでした。(ぶっちゃけBronx Zooよりもかなり良かったです!広過ぎても疲れちゃうし・・)

タイガーもちょうど餌の時間で、食事中の貴重な瞬間を見れました。
DSCN9437_convert_20110413063641.jpg
DSCN9439_convert_20110413063813.jpg

動物はみんな「わんわん」の翔ちゃまですが、面白いのは「わんわん」の言い方が違うのです。
小さい動物は高い声で「わんわん」、ライオンは低い声で「わんわーん」と言い方を変えます。タイガーももちろんライオンの部類でしたが、ガオーガオーと言いながら夢中になって見いってました。

本当のライオンさん。しかも子供が8匹くらいいました。めちゃくちゃ可愛かった!!
DSCN9442_convert_20110413065055.jpg
DSCN9449_convert_20110413065736.jpg

雄ライオンの方がどこか肩身が狭く見えたのは私だけ?・・w
DSCN9450_convert_20110413082313.jpg
何処の世界も母は強しなんでしょうね。

途中でコットンキャンディーを買ってもらったコウちゃん。初めてのお味にご満悦。
DSCN9457_convert_20110413082638.jpg

今回の私のベスト3に入ったのはAPE館のゴリラ。
DSCN9464_convert_20110413083825.jpg
背中しか撮れませんでしたが、子供たちの目の前に座り込んで時々後ろを振り返る姿がなんとも面白かったです。
こんなに間近にゴリラが見れて子供たちも興奮してました。翔ちゃまはゴリラの真似もすっかり上手です。

コウちゃん、ゾウの足形の上をひたすらジャンプしながら進みました。途中でパピーが抱っこして連れて行ったら、泣きながら「ジャンプしたかった!」とダダをこね、しかたなく私が一緒に抱っこされた所まで戻って再び最後までジャンプし続けました。50メートルはあったと思うけど・・かなりの根性です。。。
DSCN9471_convert_20110413084943.jpg
もちろん終わった後は、マミー抱っこ~でしたが・・・

本物のゾウは、見れなくて残念~とここで写真を撮って誤摩化したんだけど、、
DSCN9470_convert_20110413135206.jpg
最後にたまたま出て来たゾウさんに会えました。
DSCN9489_convert_20110413091549.jpg

最後は、ここの目玉でもあるジャイアントパンダ!この時は中でお食事&お昼寝中でしたが、可愛かったー!!なんとも言えない愛くるしさがあります。疲れが吹っ飛びました。
DSCN9481_convert_20110413085340.jpg
すごい寝相で寝てます。w
DSCN9487_convert_20110413085904.jpg


子供たちも二人とも動物園が楽しめる様になったので、私も楽しめました。
パンダにも会えたし大満足!!

Plimoth Plantation (MA)

翌日は午前中ちょっと足を伸ばして有名なCape codポテトチップスの工場見学へ行ってみました。長い廊下を歩きながら工場の様子をガラス越しに見て行くだけですが・・工場見学って以外と面白いもんでコウも食い付いてました。最後にサンプルのポテトチップスの小袋を一人2つずつもらえます。ってことで、我らは10袋ゲットです。
P1030231_convert_20100804170141.jpgP1030232_convert_20100804170534.jpg
家に帰ってからも早速、近所のスーパーでCape codポテトチップスを買いましたけどね。

途中Cape codモールでお昼を食べてから、当初の予定通りプリマスプランテーションへ。ここは17世紀のプリマス植民地を再現している所。清教徒たちがアメリカに到着してから7年後の1627年当時の様子が忠実に再現されています。
DSCN1533_convert_20100804164508.jpg

まず私たちが向かったのは、サモセットというNative American(今はもうインディアンとは言わなくなったそう)の住む村。彼らは外からやって来たイギリス人たちを助けて、生活のノウハウ(トウモロコシを栽培するとか貝を取ることなど。)を教えたり、他のNative peopleとイギリス人の間を取り持ったそうです。

面白いのは、村にはInterpreterという役職名のスタッフが居て、彼らは1627年当時村に住んでいた実在の人物になりきって訪れる人たちに接してくれるのです。本当にリアルで面白い。質問したら何でも答えてくれる様ですが、現在の事は何も知らない(設定)なんだとか。英語がもっと分かったら色々聞いてみたかったなーとも思います。(怪獣たち相手で精一杯だったし・・)
DSCN1535_convert_20100804164628.jpgDSCN1546_convert_20100804164732.jpg
DSCN1553_convert_20100804172149.jpgP1030253_convert_20100804172456.jpg
料理をしたり、編み物をしてたり・・みんな普通に生活しているので、本当にココで暮らしてるのかしら?!って思ってしまう程。小さな子供や赤ちゃんも居てかなりリアルなんです。

トウモロコシを潰して粉にするのを体験できました。
トウモロコシ畑もいっぱいあって当時の人の主食だったのでしょうね。
P1030254_convert_20100804172515.jpgP1030255_convert_20100804172527.jpg

アメリカの感謝祭(サンクスギビング)は七面鳥やトウモロコシなどを食べるのが恒例ですが、これはプリマスで最初の収穫を祝った1621年の感謝祭に由来しているそう。アメリカの歴史の発端がココには沢山あるようです。

Native Americanの村を後にして、自然いっぱいの山を歩いて行くと・・
DSCN1562_convert_20100804172834.jpgDSCN1563_convert_20100804173803.jpg
続いて到着したのは、イギリス人達の住む村。

DSCN1570_convert_20100804173933.jpgP1030271_convert_20100804172556.jpg
P1030276_convert_20100804172626.jpgDSCN1594_convert_20100804174609.jpg

一家にひとつずつ畑があったり、共同のかまどがあったり、家畜もいます。
この時期、色んな野菜や花が植わっていました。
DSCN1581_convert_20100804175657.jpgDSCN1580_convert_20100804175541.jpg

夏場は暑いが冬にもなればマイナス20度にもなり当時は寒さが原因で肺炎にかかって無くなった人達も多いのだとか。冬はとてつもなく大変だった事でしょう。。私だったらまず生きてないわ・・

さてココでコウちゃんがハマった当時の遊びがコチラ。ボーリング?の様な物です。
ここでも一人もくもくと遊んでおりました。
P1030274_convert_20100804172611.jpgDSCN1584_convert_20100804180424.jpg
DSCN1582_convert_20100804175817.jpgDSCN1588_convert_20100804180000.jpg
と思ったら今度は、ヤギを見つけて餌やりに没頭!
当時の子供たちもこうして過ごしていたのでしょうかね?

道はもちろん舗装されていませんので、ストローラーはめっちゃ動きにくかったです。。でも今度は子供達が大きくなって是非また訪れてみたい場所でした。その時は、もっと彼らに色んな話を聞いて見たいなー。
P1030279_convert_20100804172701.jpg

最後にギフトショップでお土産を買って帰りました。他にも子供用の色んな体験コーナーや、クラフトセンターもあって当時の技術を復元復興させて、機織りや木工、陶芸などの実演や販売をしていました。私たちは子供達が居たので行かなかったけど、初めにココの説明が聞ける映画上映もあったので、説明を受けて内容を知ってから見たらもっと楽しかったに違いない!と思います。私も今回の旅行で気になった事は、家に帰ってから調べて知った事の方が多いですからね・・(苦笑)なので、今度はちゃんとコウ&翔が大きくなってからゆっくりまた行きたいと思います!!

それでもと~ってもエンジョイした今回の小旅行でした。
パピー史ちゃんコウ&翔ちゃま、Thank U~!!


Whale watching (MA)

ランチの後はこの日のメインイベントWhale(クジラ)watching
この船に乗って往復4時間のクルージングツアー!!
DSCN1501_convert_20100803013816.jpg
私たちが乗ったのはCapt.John Boatsという会社のツアーです。
他にもDeep Sea Fishingやロブスター釣りのツアーなんかもあって子供達が大きくなったら行ってみたいなーと思いますた。パピーが事前に予約をしていたので通常料金大人一人$40のところが$36でした。子供達はまだ無料。

船は2時間ほど進んで沖に出ます。その間、船上ではみんなくつろいで過ごしています。
前半は翔ちゃまずっと眠ってくれて助かりました。
DSCN1513_convert_20100803070517.jpgDSCN1519_convert_20100803105017.jpg
DSCN1522_convert_20100803130405.jpgP1030148_convert_20100803130724.jpg

青い海と青い空の景色に癒されながらも、、船の上に4時間はかなり焼けました。。。
DSCN1528_convert_20100803070217.jpg

途中で彼もおやすみなさい☆
DSCN1532_convert_20100803070338.jpg
ようやくクジラ出没スポットへ到着。初めはなかなか現れずこんなもん・・・?と思ってたら後半は結構たくさんのクジラ達を見る事ができました。でもクジラを見る前に我が家のカメラのバッテリーが尽きてしまい。。ガーン!!史ちゃんのカメラで何とか撮りましたが、ほとんど動画で撮ったので写真はあまりありません。
P1030174_convert_20100803130907.jpg
一応証拠の写真を。尻尾ですけど。
コウはちょうどクジラが見え始めた良いタイミングで起きて来て、ばっちり生クジラを見る事ができました。「大きいお魚ー!!」と喜んでましたが、クジラはお魚じゃないんだけどなー。

帰りはおはしゃぎの子供達、船の中の売店でスナック食べたりコーヒーを飲んだりしながら港に戻りました。

P1030203_convert_20100803012301.jpgP1030201_convert_20100803132729.jpg
P1030198_convert_20100803133127.jpgP1030205_convert_20100803131437.jpg

この後は、タイ料理レストランでコウのScreamさえ無ければ、平和に過ごせたのですが・・・お店にいたおばさまに「3才くらいよね?!分かるわ、分かるわ、私も経験してきたわ」と同情のお声を頂きながら・・・超ダッシュで食事を終えたのでした。

夜は近くのホテル(今回はHiltonでした)で宿泊。
そしてまたプールというか今回はジャグジースパで体を温めてゆっくり(とは行かないが)休みました。なんとも贅沢な気分にさせてくれますが、子供達がいると雰囲気は全くと言ってZERO!!母は何処に居ても変わりませんけどー!!そんなもんよね。


このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。