Orange Days

家族6人の小さな幸せ日記帳
MENU

もうひとつ、バイバイ

今回の引っ越しで、もうひとつ悲しいバイバイがありました。

みるくです。

当初の予定では、デルタ航空で一緒に行く予定でしたが、夏期は機内の温度が上がる為、犬猫鳥以外の動物は受け付けないと言われてしましました。他の航空会社も全て当たってみましたがどこもNG。

悩んだあげく、みるくの里親を探す事にしました。

欲しいなーと言っていた知り合いは居たのですが、ちょうど、長年うさぎを飼っているお友達が一人居たので、その方にお願いしてみる事にしました。うさぎは、うさぎを知ってる人の方が私たちも安心だし、みるくにとっても絶対にその方が良いと思いました。

私たちも何も知らずに飼い始めましたが、ようやくお互いに慣れて来た所でまだまだしつけもこれからだったので、お願いするのも恐縮でしたが、Mさん一家がありがたい事に快く引き受けて下さいました。

さて、みるくを引き渡す当日、車に乗せて約50分のドライブをしてお友達のお家に到着。
ビックリして、漏らしまくってました。。

すでに、お兄ちゃんうさぎのミルキーが居るので、二人の対面を上手くしないとこれからの生活がスムーズに行かないとの事で、うさぎに詳しいMさんが、仲介?になってくれましたが、、、これがなかなか難しい!!

私も初めて見る光景でしたが、、初対面でどちらが上に立つかが決まるらしく、先に相手の体の上に乗った方が優位らしいのです。もちろん、年上で元々そこに住んでいたミルキーが上になる様にと思ったのですが、みるくがかなり気が強くて、なかなか従わなくて困りました。。

かなりプライドの高い、お姫様だった様です・・・

結局、お手上げで、うさぎ達も疲れていたので、決着は次回に持ち越しで、なんだか可哀想だったけど、そのままさよならするしかありませんでした。

Mさん家で、夕飯まで御馳走になって帰ってきました。

その後、Mさん一家も留守をする間、シッターさんに預けていたのですが(まだシッターさんの所かな?)そこでもどうなっているか、、、みるくちゃん、上手くやってるか心配ですが、フロリダの暑さを考えれば、コネチカットで生まれ育った彼女にとっては、そこの方が良かったと感じてます。

ましてや今回の引っ越しの長旅は、本当に大変だったので、そこにみるくが居たらもっと大変になっていただろう・・と思います。みるくにとっても、大きな負担を掛けてしまうしストレスに弱いうさぎなので、病気になっても可哀想だし、暑さや移動を考えたら、これがベストだったのかも・・と思います。

安心出来る飼い主さんの元で、元気に育ってくれたらと願ってます。
そしてミルキーと仲良くしてくれたら・・・・・

短い間だったけど、子供達と追い掛けっこしたり、私の足下にくっ付き回ってきたり、懐いてくれて可愛い娘でした。

みるく、楽しい時間をどうもありがとう!!どうかどうか、元気でね。




ウサギと引っ越し

ここ最近、我が家の悩みのタネは、どうやってミルクをフロリダまで連れて行くかという事でした。

パピーが調べた航空会社(AmericanとJet blue)では、鼻の低い動物禁止(パグやフレンチブルドッグも)と書いてあり、飛行機での移動を諦めて、今度はニューヨークから直通で出てる長距離列車(21時間でオーランドに着きます)を調べた所ペットは禁止。

パピーが一人で車にミルクを乗せて走って、私たちは先に飛行機で行く。
もしくは、全員で車で行く。もしくは、ミルクの里親を探す。

という選択肢が残ったのです・・・

車で行く場合、我が家の車が1000マイルの長距離走こうに故障無く耐えれるかという心配もあり、んじゃ車買い替える?という案も出て来て(元々、ミニバンに買い替える計画はあったので)ディーラーに行ってみたのですが、予算内で希望の車は無理で・・今すぐの買い替えは断念。

里親を探す事に関しては、人間の都合でミルクをまた違う環境に送らなきゃ行けないのは、すごく辛い話。ウサギを飼っているお友達にお願いしようとも思ったのですが、やっぱりミルクを手放すのは嫌なので、どうしようかと、さんざん悩んでいた所・・・

パピーを疑った訳じゃないけど、本当にウサギは飛行機に乗れないのかどうか、もう一度調べてみる事に。検索したら、結構~いたんです!!飛行機に乗ったウサギちゃん

中にはパリから東京まで往復した子も!!

航空会社によっては、動物を運ぶ為に気圧調節や温度調節をしてある部屋が用意してある飛行機もあるよう。よく考えたら、そうよね~!!パピーに伝えると、NY~FLのフライトでDELTA航空だけ調べてなかったというので、調べてみたらDELTAはウサギOKでした~!!!

DELTA万歳!!!


ウサギはストレスや環境の変化に弱い動物なので、普段使っているオモチャや自分の匂いの付いた物や好きな野菜などをケージに入れておいてあげたりと、工夫をしながら、空を飛んだウサギちゃんたちがいっぱい居るので、うちのミルクも頑張ろうと思います!幸いにも結構、神経図太いので。

それでも我が家の場合、
コネチカットの家からJFKまでレンタカーで移動。
JFK近くのホテルで1泊。
翌日、飛行機でオーランドまで3時間。
オーランドのホテルでまた2泊。(レンタカーでの移動)
7月1日に新しい家に引っ越しの予定。

なので、ミルクにとっても、ちび怪獣達にとっても妊婦の私にとっても、結構疲れそうなスケジュールですが、今回初めてパピー家のおじいちゃんおばあちゃんが手伝いに来てくれる事になり、人手もあるのでなんとか頑張ります!!

コウちゃんは飛行機に乗れる事とディズニーランドに行く事が楽しみで仕方ないらしく、毎日「ディズニーランド先に行っちゃおうよー!」と言ってます。でもこの過密スケジュールではちょっと無理かな。引っ越して落ち着いてから行きましょう。(年パス買ってから)

だって、ミルクが飛行機乗れなかったら、一緒に車で行く?って言っても「ミルクは要らない、飛行機に乗りたい!」と言い放った男ですから!!!

それでもミルクが一緒に行ける方法が無事に見つかって、一つ悩みのタネが減りました。
よかったよかった。

あと1ヶ月、ちょっとずつ引っ越し準備をしたり、身の回りの整理をしています。








かくれんぼ?

子供部屋が好きなミルク。なぜなら隠れる場所がいっぱいあるからです。
本当にかくれるのが上手で、何処を探してもいなくて本気で消えた!と思った時もありましたが、最近はだいぶ隠れ場所を把握してきました。

が、今日は新たにこんな所で発見。。
DSCN9099_convert_20110201034615.jpg

近づいてみると
DSCN9098_convert_20110201034441.jpg
せ、、狭っ!!!

DSCN9102_convert_20110201034916.jpg
そこから入ったのね。。

ミルクです

実は、かれこれ1週間以上前の話ですが・・アップルちゃんの残した遺産(ケージや大量の餌)が寂しすぎて、新しい娘をつれてきてしまいました。

ブリーダーから買って来ると、環境の違いが大き過ぎてストレスが溜まりやすいし赤ちゃんだとまだ弱いので、今回は人手の多いペットショップで、ある程度大きくなったウサちゃんを連れて来ました。

ペットショップで、パピーは焦げ茶色のカッコいいウサちゃんが良い!と言っていたのですが、ホーランドロップのこの子が、翔ちゃまの方に駆け寄って来てなんとも愛くるしい顔だったので、この子に決めました。

名前はミルクです。
DSCN8581_convert_20101130030329.jpg

アップルに比べて、やはり成人だからか・・食べる食べる!!そして出る出る!!
DSCN8586_convert_20101130032448.jpg

一度ケージから出すと捕まえるのも結構、大変です。まだ抱っこには慣れていませんが、ケージの中に居るときは人が近づくと何か美味しいものをくれはしないかと、くんくんしながら近づいて来ます。

そんなに色々食べさせてはいませんが(基本は牧草とパレット)冷蔵庫にあったバジルとイタリアンパセリなどをあげたらかなりガツついて食べました。

ミルクに一番興味津々なのは翔ちゃま。静かだなー!?と思うと一人でミルクの世話をしています。
DSCN8611_convert_20101201023655.jpg
落ちてたウ◯コを試食してた時は、びっくりしましたが・・・・。ちなみに牧草も試食してました。。。

取りあえずミルクちゃん、我が家で少しでも長く一緒に元気に過ごしてくれたら・・と願っています。パピーも彼女を手懐けようと日々努力しています。





悲しいお知らせ

先週末の事。本当に突然でした。

うさぎはストレスに弱い動物だと聞いていたので、きっと急な環境の変化でアップルもストレスが溜まったのだと思います。

NYの長閑なファームで生まれて、2ヶ月までお父さんお母さんやたくさんのウサギの中で生活して来て、ある日突然、人間の家にやって来たと思ったら、とても賑やかな(うるさい)子供達との暮らしにビックリしてしまったのかも知れません。

だんだん食欲が無くなって来て、木曜日あたりからは動きが鈍くなりました。
ヘアーボール(毛球症)かと思い、処置は施しましたが良くなる事は無く・・金曜日の午後に急変したので、病院へ連れて行こうと動物病院に電話をかけましたが、この周りはどこもSmall animalは取り扱って無いとの事で、聞いたら我が家からは車で1時間かかる所。

ペットショップで、ヘアーボールリムーバーを買って来て家に帰った時には、更に急変していてこのまま1時間も車に乗せて病院へ連れて行くのも可哀想。ここで看取ってあげるしかない・・と覚悟しました。


何もしてあげられなくてごめんね。。
ごめんね、ごめんね、ありがとうね・・・

タオルに包んで抱っこしていましたが、ちょっとの間、ケージに下ろし目を離した隙でした。次にアップルの所に行った時、もう旅立っていました。

最後の瞬間は誰にも見られない様に静かに旅立ちました。1週間一緒にいて、こんなに涙が出て悲しいのに、家族の様に過ごすペットと別れるのって本当に悲しいのだろう。


翔ちゃまは、毎朝アップルの所に行くのが習慣になっていたので、翌日もアップルを探していました。
アップルのお陰で動物嫌いもずいぶん解消されたみたいだし。。


本当に突然の事で、でも居なくなったところがポッカリ穴が空いた様な気分です。
我が家に来なければ・・・と思いもありました。申し訳なかったな、、ごめんねって。

でも、ありがとう。幸せな時間をありがとう。
そう言ってみんなで庭にお墓を作りました。


また今度、我が家にウサギちゃんが来るかどうか、色々考えて検討中です。何がストレスの原因になったのか、しゃべる事ないウサちゃんなので分かりませんが、今度からはとても慎重になる事は間違いないと思います。。。


こんな報告をこんなに早くする事になるとは、とても残念です。。これを書くのが辛いので、しばらくは書かないでおこうかと思いましたが、急にブログに登場しなくなってどうしたのかな?と思われてる人も居るかも知れないので・・頑張って書きました。

私は子供達のお陰で悲しんでる暇も無く・・でもアップル程かわいい子にはもうなかなか会えないだろうなあ。と思いながら、この時間だけちょっとしんみり浸っています。





このカテゴリーに該当する記事はありません。