Orange Days

家族6人の小さな幸せ日記帳
MENU

What is the good education?

昨日、世間は祝日。
学校も休みだったようで、午前中にY家のお兄ちゃん達が遊びに来ました。小学生のお兄ちゃんと4才の弟くん。彼ら(特に弟くん)激アクティブなので、写真を撮るどころでは無かったのですが、思い思いに遊んでおりました。

いつも上のお兄ちゃんはコウちゃんを可愛がって良く遊んでくれていたのですが、久しぶりに会ったら激ママっ子になっていたので、あまり遊べずちょっと残念そうでした・・ごめんよ。


半分は食べちゃったけど、クランベリーブレッドを焼いてみた。
DSCF1768_convert_20081112053454.jpg

Y家のご主人はパピーの会社のボスであり、一番身近な純日本人家庭なので、色んな話を聞きながら今後のコウちゃんの幼稚園問題(こっちではプリスクール、キンダーガーデン等)の参考にしようと思ってます。


長くなるので、お暇な方は続きをどうぞ。



まだ1才になったばかりだし、そんなに真剣に考えている訳では無いのですが、純粋な日本人でありながらアメリカで教育を受けて行くコウちゃん。。選択の仕方によって学校も様々に選べるので、悩みどころ。

もちろん日本語の教育もキチンとしないと、そのうち英語しか喋れない子になっても困る。でも日本語学校とアメリカの現地校を両立するのは、宿題の量も多くなり休みも無くなって子供も続けるのが大変、そして親も周りとの付き合いや当番などで大変らしいと聞いた。

NYやCAなどの日本人が多い州には日本人学校もたくさんあって、もちろん英語教育もしてくれるので良いな~と思うんだけどね。子供の学校で引っ越すという家庭も多いアメリカですが、パピーは朝が早いし、アメリカ生活に慣れていて一人で何でも出来る訳では無い私は、やっぱり会社が家から遠いとちょっと不安もある。

かと言って、今住んでいるシティでは学校には行かせられないので(レベルが低いので)コウちゃんが学校に行くまでには、また引っ越しをしなくてはいけないのです。やっぱり学校はレベルの高い所が良い!と、誰もがアドバイスしてくれます。(レベルが高いと言うのは、街の治安が良かったり教育の質や通ってる子供達の家庭もそれなりにキチンとしていると言う事なのです。)

ここから近くだとハートフォードに小さな日本人学校がありますが、そこはかなり少人数でやっているようです。幼稚園の部は、保護者もずっと付いていなくてはいけないようで、週に何度かなら良いかな!?と思ったのですが、どうなんだろう。もし小さい弟や妹が居たら保護者同伴と言うのも大変では?と考えてみたり。。
今後、実際に通ってる人の話を聞いたり、体験入学なども出来たらさせてみたいな~と思っています。


学校に上がるまでに英語にも触れて行かないと子供が大変そうなので、そういう環境を準備してあげるのも親の努めなのだろう。。

まあ、どんな選択でも親子の努力次第で出来なくは無いと思うのですが、コウちゃんにとって一番良い環境を選んであげれたら・・と思うのです。


未知の環境で未知の世界に飛び込んで行くのは、勇気のいる事。。
ましてや言葉の壁もあって、ここでの常識や習慣もまだよく分からない私達なので尚更。

そういう意味で、子供にどんな教育環境を準備してあげれるか悩む事もありますが、まずはコウちゃんがまだ家に居るうちに家庭での教育をちゃんとすることが先決かな・・と思います。いくら外で良い教育を受けても、家庭で親からどれだけ愛情を受け、どんな教育を受けているか・・・そういうのが、その子の将来にも大きく影響すると思うしだ。

子供が居なかったら、アメリカに来てこんな風に悩んだり考える事もなかっただろう・・って思うけど、子供の成長と共に親も人間として成長させられるんだな。。とつくづく感じます。


“幼児にとって、ダイヤモンドを貰うより海外旅行に行くことよりも「親から愛を受ける」ことが一番の願いであり喜びなのです。”

↑というのを大学の頃に勉強していた本で読んだ事があります。もちろん当たり前の話なのですが、こういう当たり前の事をちゃんと出来る親になろう!と色んなニュースを見る度に思います。


学生の頃、児童心理学などを学んでいた事があるが、実際に教科書や有名な心理学者が書いた本通りの子育てなんて、無理だと思う。子供の性格は十人十色だし、みんな個性があって同じ子なんて一人も居ないわけだし。
しかも勉強した内容なんぞほとんど覚えてないに等しいので、大きな事は何も言えないし、もともと関心がある分野に代わりはないので、たまに関連した本を読んだりするくらいですが。。難しい事は良く分からないので、取りあえず私の中に響いたこの本のフレーズは、今後も自分の中のテーマにして行こう!と思っています。


と、自分に言い聞かせながら、一人語ってみました。


4 Comments

cafelattecat says..."お久しぶりです!"
ずいぶんご無沙汰しちゃいました><
お元気でしたか?

子供への教育・・・ずいぶんと悩みますよね。
うちもまだ10ヶ月だけれど、今激しく悩んでいます。
子供には母親の言葉を中心に教え、
母国語にするのがよい、と言語学に詳しい人にアドバイスされ。
日本語を中心に教えるためにも日本に帰国しましたが・・・。

将来、中国語も教えてあげたい。
家庭では中国語を・・・と思っていますが、
あいにく私は中国語ができず・・・。

一番いい道を選んであげたいですよね。

わたしも以前欧米に住んでいたことがあるので、
mieさんの心配される気持ちがちょっとわかります。
実際、平日は普通の現地校、週末は日本人学校(補習)があったのですが、
日本人学校のほうは親同士のやり取りがかなり頻繁で、
小さな日本人社会の軋轢にもまれ、いやになってしまうことも。
うまくやっていくことも必要だけれど、あまり負担になってしまっても
大変ですしね・・・。

一番よい選択にたどり着けるよう、祈っています!!
2008.11.12 21:31 | URL | #HfMzn2gY [edit]
アイキチ says..."No title"
やはり人の親となった今、子供の教育には熱心になっちゃいますよね。
我家もパパが小学校から自分の母校に入れたい!と既に都内にマンションを購入済み(^-^;)
しかし、今行ってる千葉の学校(プリスクールに併設されたベビーステーションでそのままプリスクールに上がれます)はマナがとっても楽しんでいるようなので辞めたくないし…。

ロンドンのお友達は(早慶戦夫婦なんです)家では日本語を使うことを徹底して、あとは特に日本人学校などに入れずに地元の子供達と普通に接するようにさせてましたけど、子供達はちゃんと自分で判断して日本語と英語を使い分けていますよ(^-^)

Waterburyの地元では↓がちゃんとしてる(裕福な家庭の子が多いので教育もシッカリしてるんだそうです)ってよく聞きましたけど…今はどうなのかな?
http://www.chasecollegiate.org/

悪い言い方かもしれませんが、お友達選びのできない年齢ですから、せめて親が放り込むフィールドくらいシッカリした所をチョイスしてあげたいかなぁ~なんて。
マリーママ!情報収集ですぞo(>_<)o
2008.11.12 23:36 | URL | #- [edit]
mie says..."No title"
cafelattecatさんへ

お久しぶりです。
日本に帰国されたんですね!!

ららちゃんは、これから日本で生活しながらお父さんとは中国語、お母さんとは日本語・・とかで話す様になるかも知れませんね。
私の姉もメキシコ人と結婚してるので姪っ子を見てると3才ですが、お母さんとは日本語でお父さんとはスペイン語で話してます。相手をちゃんと見て、言葉を使い分けてるので子供ってスゴい!って思います。なのできっと、お父さんが徹底して中国語だけを話していたら、バイリンガルになれるのではないでしょうか!?

日本人学校は、やはり親同士のお付き合いが、大変。と言う人も居る見たいですね。。難しい所です・・><まあ、子供にとって一番良い環境を選んであげる事が大切ですよね!!
cafelattecatさんの日本帰国・・ちょっぴりうらやましく感じますが・・^^; 子供の為にも頑張らないとですね~~!!

2008.11.13 16:49 | URL | #- [edit]
mie says..."No title"
アイキチさんへ

マナちゃんの通ってる学校は、アメリカンスクールみたいな所なんでしょうか?子供が楽しんでるのが一番・・て思いますが、親の願いもありますしね。でも、既にマンション購入済みとは・・スゴーい!!羨ましいわ。

子供は親が心配しなくても柔軟性があるのできっとウマくやって行く様な気がします。英語もそのうち私の通訳とかするだろうし・・・。

教えて頂いた、学校も調べてみようと思います。
最低限、よい環境の学校を選んであげたいですからね。
2008.11.13 16:53 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomi213.blog103.fc2.com/tb.php/372-728acf1a
該当の記事は見つかりませんでした。