Orange Days

家族6人の小さな幸せ日記帳
MENU

Plimoth Plantation (MA)

翌日は午前中ちょっと足を伸ばして有名なCape codポテトチップスの工場見学へ行ってみました。長い廊下を歩きながら工場の様子をガラス越しに見て行くだけですが・・工場見学って以外と面白いもんでコウも食い付いてました。最後にサンプルのポテトチップスの小袋を一人2つずつもらえます。ってことで、我らは10袋ゲットです。
P1030231_convert_20100804170141.jpgP1030232_convert_20100804170534.jpg
家に帰ってからも早速、近所のスーパーでCape codポテトチップスを買いましたけどね。

途中Cape codモールでお昼を食べてから、当初の予定通りプリマスプランテーションへ。ここは17世紀のプリマス植民地を再現している所。清教徒たちがアメリカに到着してから7年後の1627年当時の様子が忠実に再現されています。
DSCN1533_convert_20100804164508.jpg

まず私たちが向かったのは、サモセットというNative American(今はもうインディアンとは言わなくなったそう)の住む村。彼らは外からやって来たイギリス人たちを助けて、生活のノウハウ(トウモロコシを栽培するとか貝を取ることなど。)を教えたり、他のNative peopleとイギリス人の間を取り持ったそうです。

面白いのは、村にはInterpreterという役職名のスタッフが居て、彼らは1627年当時村に住んでいた実在の人物になりきって訪れる人たちに接してくれるのです。本当にリアルで面白い。質問したら何でも答えてくれる様ですが、現在の事は何も知らない(設定)なんだとか。英語がもっと分かったら色々聞いてみたかったなーとも思います。(怪獣たち相手で精一杯だったし・・)
DSCN1535_convert_20100804164628.jpgDSCN1546_convert_20100804164732.jpg
DSCN1553_convert_20100804172149.jpgP1030253_convert_20100804172456.jpg
料理をしたり、編み物をしてたり・・みんな普通に生活しているので、本当にココで暮らしてるのかしら?!って思ってしまう程。小さな子供や赤ちゃんも居てかなりリアルなんです。

トウモロコシを潰して粉にするのを体験できました。
トウモロコシ畑もいっぱいあって当時の人の主食だったのでしょうね。
P1030254_convert_20100804172515.jpgP1030255_convert_20100804172527.jpg

アメリカの感謝祭(サンクスギビング)は七面鳥やトウモロコシなどを食べるのが恒例ですが、これはプリマスで最初の収穫を祝った1621年の感謝祭に由来しているそう。アメリカの歴史の発端がココには沢山あるようです。

Native Americanの村を後にして、自然いっぱいの山を歩いて行くと・・
DSCN1562_convert_20100804172834.jpgDSCN1563_convert_20100804173803.jpg
続いて到着したのは、イギリス人達の住む村。

DSCN1570_convert_20100804173933.jpgP1030271_convert_20100804172556.jpg
P1030276_convert_20100804172626.jpgDSCN1594_convert_20100804174609.jpg

一家にひとつずつ畑があったり、共同のかまどがあったり、家畜もいます。
この時期、色んな野菜や花が植わっていました。
DSCN1581_convert_20100804175657.jpgDSCN1580_convert_20100804175541.jpg

夏場は暑いが冬にもなればマイナス20度にもなり当時は寒さが原因で肺炎にかかって無くなった人達も多いのだとか。冬はとてつもなく大変だった事でしょう。。私だったらまず生きてないわ・・

さてココでコウちゃんがハマった当時の遊びがコチラ。ボーリング?の様な物です。
ここでも一人もくもくと遊んでおりました。
P1030274_convert_20100804172611.jpgDSCN1584_convert_20100804180424.jpg
DSCN1582_convert_20100804175817.jpgDSCN1588_convert_20100804180000.jpg
と思ったら今度は、ヤギを見つけて餌やりに没頭!
当時の子供たちもこうして過ごしていたのでしょうかね?

道はもちろん舗装されていませんので、ストローラーはめっちゃ動きにくかったです。。でも今度は子供達が大きくなって是非また訪れてみたい場所でした。その時は、もっと彼らに色んな話を聞いて見たいなー。
P1030279_convert_20100804172701.jpg

最後にギフトショップでお土産を買って帰りました。他にも子供用の色んな体験コーナーや、クラフトセンターもあって当時の技術を復元復興させて、機織りや木工、陶芸などの実演や販売をしていました。私たちは子供達が居たので行かなかったけど、初めにココの説明が聞ける映画上映もあったので、説明を受けて内容を知ってから見たらもっと楽しかったに違いない!と思います。私も今回の旅行で気になった事は、家に帰ってから調べて知った事の方が多いですからね・・(苦笑)なので、今度はちゃんとコウ&翔が大きくなってからゆっくりまた行きたいと思います!!

それでもと~ってもエンジョイした今回の小旅行でした。
パピー史ちゃんコウ&翔ちゃま、Thank U~!!


4 Comments

あゆみ says...""
頑張れ史ちゃん!!頑張れ若者!!
本当に貴重な経験だよね。

私も夏に遊びに行きたい。そして長期滞在したい!!!
つまりは、旅行したり、遊びたい!!!
2010.08.04 23:26 | URL | #- [edit]
midori says...""
お久しぶりです。おおー、ケープコッドチップスの工場に行ったんですね!彼の実家がケープコッドで近いので実家に私も行ったことがあります。おみやげの小袋もらいましたか?(笑)ケープコッドチップスはおいしいですねー。本当、日本にもあればいいのに!と思います。(笑)アメリカで恋しい食べ物のベスト10に入っていますよ。ははは。

弟さんが遊びに来ているのですね。アメリカの夏は楽しいですよね。広い空に、その辺りは自然も多いし。滞在を延期したくなった気持ちすごくわかります。日本の夏はもうじっとりしていますよー。毎日水風呂に浴びたくなるくらいです。:)
2010.08.05 08:45 | URL | #- [edit]
miwa says..."あゆみへ"
そうだね、夏は短いけど(今年は暑過ぎだけど)やっぱり夏は楽しい!
来年は是非、お待ちしておりマース!
2010.08.05 15:31 | URL | #- [edit]
miwa says..."midoriさんへ"
こんにちは!!日本はかなり猛暑みたいですね。こちらも7月は酷かったですが、最近になってようやく東海岸の夏らしくなってきました。ケープコッドのチップス美味しいですよね~!!実は今も食べてます♪工場で10袋もらいましたよ。(5人で行ったので)日本でも売ったら、売れそうなのになあ~~
2010.08.05 15:39 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomi213.blog103.fc2.com/tb.php/792-47dce890
該当の記事は見つかりませんでした。