Orange Days

家族6人の小さな幸せ日記帳
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルワンダナ夜

Brotherの弟が来てるのなら必ず連れて来い!って感じでAbi家に行って来た日曜の夜。
自分のお家も私たちには、ココはYour Houseだ!ウチらはBrotherだから!!と言ってくれるAbiちゃんです。

久しぶりに会った二人もすぐに打ち解けて遊んでました。
DSCN1619_convert_20100805123911.jpg
ラビアちゃんが英語でしゃべるので「やべえー」と若干?焦っていた高校2年生・・(笑)DSCN1626_convert_20100805124041.jpg
コウも久しぶりに遊べて嬉しかった様です。
最近は、カメラを向けるとすぐにこの顔☟やめれ・・・
DSCN1641_convert_20100805124249.jpg
思えば二人はかれこれ生後10ヶ月の頃からちょくちょく遊んでいたのです。
初めて会った時の写真☟懐かしのアパートにて。。
DSCF0232_convert_20080623104805.jpg
ちょうど1ヶ月違いで産まれた二人ですが、、女の子だから?しつけが行き届いてるから?何なのでしょう・・この違いは・・ああ、落ち着きなさ過ぎの我が息子。。。(最近、頭を悩ませてる母です。)

ディナーはルワンダ料理!!マダムのTakiaさんは本当に料理上手!!手の込んだ料理を何品も毎日作ってるのだそうで、いや~リスペクトです。。
DSCN1643_convert_20100805124553.jpg
いつもの様にくつろいで、、我が家の怪獣たちが眠くなって騒ぎ出した頃に退散しました。

当初の予定ではもう帰国予定だった史ちゃんですが、アメリカ生活をもっと満喫したい!との本人の希望により滞在を延期しました。英語は苦手という彼・・ここに居る間に英語を使ってしゃべる様に兄(パピー)からもスパルタ?教育させられています。なのでお店(ファーストフード店とか)に行ってオーダーする時は本人にやらせてます。お陰で少しずつ慣れて来たようです。(慣れたかどうかは怪しいが)

高校生の間に生の英語に触れてこういう体験が出来るって、結構贅沢よね!!兄も昔は同じようなレベルだったと言うのに励まされ、異国の地で頑張る兄の後ろ姿を見て色々と人生を悟っているかどうかは分かりませんがあーーー。確かに、パピーの社交性というか人懐っこさというか、、そういう部分は私から見ても本当にスゴいと思う。そういう性格がアメリカで生きて行くのに向いているのでしょうね、きっと。

さてーAbi家から帰ると・・リビングで爆睡の史ちゃん。
外国人と同じ空間に居る事にものすごーく気疲れしたー!!だそうで(笑)
解らなくもないその気持ち・・だけど、頑張れ若者ー!!

-2 Comments

けみ says...""
生の英語に触れる、って本当に貴重な体験ですよね♪
弟君が、もっと滞在したい!って言ってくれたなんて嬉しい限りですね☆

にしても、ルワンダ料理食べたことないので、かな~り気になります♪
2010.08.05 08:01 | URL | #- [edit]
miwa says..."けみさんへ"
ルワンダ料理、イモや豆、お肉が中心の料理ですがそれらをクレープに巻いて食べるんです。香辛料の効いた焼き魚みたいなのも美味しかったです。普通、なかなか味わえませんよね。本場のアフリカンなんて~~

確かに学生の時に勉強して来た英語は何だったんだろう・・と思いますもんね。
生の英語に触れるのが一番刺激になるし、今は出来なくても今後の意欲に繋がってくれたら・・・って、自分もヤバいですけどね。。(笑)
2010.08.05 15:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomi213.blog103.fc2.com/tb.php/793-939348d5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。